Winamp Logo
ラジレキ 〜思わずシェアしたくなる歴史の話〜 Cover
ラジレキ 〜思わずシェアしたくなる歴史の話〜 Profile

ラジレキ 〜思わずシェアしたくなる歴史の話〜

Japanese, History, 1 season, 954 episodes, 1 day, 6 hours, 59 minutes
About
『ラジレキ 〜思わずシェアしたくなる歴史の話〜 』 〜歴史 × ビジネス × 雑談ネタ × ゆるさ〜 意外な組み合わせを、"歴史大好き" りーとんと、"音の職人" そっしーの二人が織りなす、ゆるく聞きやすく、時に痛快に展開するポッドキャスト(Podcast)番組。 番組公式Twitter: https://twitter.com/radio_history_ ご質問・応援コメントはこちらから : https://forms.gle/GuC45eyq4vKTA6Ux8 〇サブチャンネル「学び直し!日本史総復習編」の各プラットフォームURL〇 Anchor: https://anchor.fm/radio-history-sub1 Spotify: https://open.spotify.com/show/703yn4jPEuhv4FnU70RaUb Note : https://note.com/1minute_history/m/m9d688be6e06a
Episode Artwork

0774_40歳を意味する「不惑」について考えてみた!

論語において孔子曰く「吾十有五にして学を志し、三十に而て立ち、四十にして惑わず。五十にして天命を知り、六十にして耳順う。七十にして心の欲する所に従えども、矩を踰えず」とありますが、「不惑」って難しすぎませんか?いくつになっても惑ってばかりだと思いますが、孔子が意図したことってなんなんでしょうね? ▶ 皆さんからの応援メッセージ・質問コメントを募集しています! メッセージはこちらから : ⁠https://forms.gle/GuC45eyq4vKTA6Ux8 ■  新番組公開のお知らせ! 『ラジレキ世界遺産の旅 〜行くぜ!33カ国〜』 ⁠Apple⁠ ⁠Spotify⁠ ⁠Amazon⁠ この番組は、33か国(+α)の世界文化遺産を紹介しながら、世界の歴史も学んじゃおう!という番組です。2023年4月から2023年12月までの間、毎週土曜日に新規エピソードを公開予定です。ぜひたくさんの人に聞いてもらいたいです!チェックしてみてくださいね。 ■  ラジレキ会員サイトのご案内 ラジレキ会員サイトでは、日曜ラジレキや新聞解説ながら聞きなど、無料で楽しめる会員サイト限定コンテンツをお聞きいただけます。ぜひラジレキ会員サイトへのご登録もお待ちしておりますね! ↓↓会員登録ページURL↓↓ https://radiohistory.jp/memberplan/ ◆会員登録方法◆ ①会員登録ページにアクセスする。 ②必要情報を入力する。 ③登録されたメールアドレスにメールが届く。 ④届いたメールに記載されているURLからログインする。 ⑤新聞解説ながら聞きのページに移動してブラウザで聞く。 ※ダウンロードやアプリで聞くことはできません。
10/23/20239 minutes, 37 seconds
Episode Artwork

0694_賭博の大借金が生み出したドストエフスキーの『罪と罰』

ロシアの大作家であるドストエフスキー。彼は賭け事が大好きで、その結果巨額の借金を背負うことに。名作『罪と罰』が生まれた背景にある彼自身の「罪と罰」は何だったのか。 ご質問・応援コメントはこちらから:https://forms.gle/GuC45eyq4vKTA6Ux8 ■  メッセージテーマ 皆さんの2023年の抱負や目標を教えて下さい^^ 新しくチャレンジしたい資格や受験勉強、今年こそは海外旅行に行くぞ!などなど。 ご質問・応援コメントはこちらから : https://forms.gle/GuC45eyq4vKTA6Ux8 ■  ラジレキ会員サイトのご案内 ラジレキ会員サイトでは、日曜ラジレキや新聞解説ながら聞きなど、無料で楽しめる会員サイト限定コンテンツをお聞きいただけます。ぜひラジレキ会員サイトへのご登録もお待ちしておりますね! ↓↓会員登録ページURL↓↓ https://radiohistory.jp/memberplan/ ◆会員登録方法◆ ①会員登録ページにアクセスする。 ②必要情報を入力する。 ③登録されたメールアドレスにメールが届く。 ④届いたメールに記載されているURLからログインする。 ⑤新聞解説ながら聞きのページに移動してブラウザで聞く。 ※ダウンロードやアプリで聞くことはできません。
1/16/202311 minutes, 57 seconds